敏感肌の人が最も注意しておきたいのが、洗顔の仕方です。刺激の強いクレンジングや洗顔剤を使用するのはやめて、合成界面活性剤(化学的に合成された界面活性剤の総称をいいます)や香料、着色料などの余分な添加物の入っていない、肌に優しい無添加の洗顔料を使うようにしましょう。クレンジング剤はよくそのまま顔につけて、クルクルとマッサージする人が多いと思いますが、それでは肌への負担が大きく、刺激が強すぎます。クレンジング剤もよく手のひらで泡立てるような感じにしてから、肌にそっと押し当てていきます。一カ所ずつゆっくりと手のひらで包み、メイクを溶かしていくようなイメージです。メイク汚れがクレンジング剤に馴染めば、汚れはすーっと落ちますので、無理にゴシゴシとこする必要はありません。全体的に汚れが馴染んだなと思ったら、丁寧にぬるま湯ですすぎます。すすぐときは、洗面器や洗面台にためたぬるま湯を手のひらにすくい、そっと顔をつけるような感じで繰り返し顔全体をすすぎます。そのあとは洗顔料を洗顔ネットなどを使ってよく泡立て、クリーム状の泡にして、泡で汚れを包み込むようなイメージでやさしく洗いらっしゃるかもしれませんね。できるだけ泡のスポンジをそっと転がすような感じで、手のひらや指先が肌に触れないくらいが理想です。すすぐときは、先ほどと同じように、優しく優しくすすいでいきます。絶対にシャワーを直接かけたり、バシャバシャと乱暴にかけたりしないで下さい。すすぎに使用してみるお湯の温度は、体温と同じくらいのぬるま湯がベストで・